目指そう介護福祉士
目指そう介護福祉士

介護福祉士は人気?

なぜ、介護福祉士は人気があるの?

現在私達の国はは少子高齢化です。誰が希望したというわけではありませんが、特に高齢化はスピードを増している状況です。たくさんのご老人が暮らす日本で、一番問題になっているのが、介護です。介護は寝たきりになってしまったお年寄りや、障害を持った方々など、必要とされる方がたくさんいます。

この日本で介護の専門的知識を持って、介護される側とする側にとって、少しでも問題を減らしていこうと、介護サービスセンターや介護老人ホーム、介護支援施設、有料老人ホーム、そんなサービスを行う企業が大変増えました。そうした施設は、高齢化が進む中で、非常に要望されて、必然的に増加したという考え方も出来ます。

医療の世界でも、介護に対するケアプランの計画など、介護という部分に対しての専門家を求める声が高まっています。医療機関では、介護に関するたくさんの準備・ケアプランをプロとしての知識で相談役になれる介護福祉士を有能なスタッフの一員として、高く評価しています。


このように、介護における介護福祉士の職場はひくてあまたの状態であり、又、介護福祉士から、更にレベルアップしていける資格体制もあることから、現在非常に人気のある資格・職業になっているのです。

介護福祉士の魅力

1.性別、年齢に関係なく働ける。

介護の現場は一昔前まで、女性の職場と言われていましたが、介護福祉士が社会的認知を得るようになった現在では男性職員も年々増加しています。

2.介護需要が大きい。

日本は超高齢社会に突入して、介護を必要とする高齢者や障害者は年々増え続けています。そのために、有料老人ホームなどの介護現場は常に人手不足の状態です。そういった状況から介護福祉士の活躍の場は拡大しています。

3. 安定した収入が得られる。

決して高水準ではないですが、介護福祉士は安定した収入が得られる仕事でもあります。

4. 全国どこでも働けて転職も容易。

介護を必要としている方々や有料老人ホームは全国各地に存在します、転職しても介護福祉士の資格はなくなるわけではありません。国家資格である介護福祉士は一度登録すると再登録の必要はありません。

5.職域が広い。

介護老人福祉施設等の入所施設、訪問介護の通所施設はもとより福祉用具販売店、民間の移送サービス事業者、一般企業のホテル・旅行代理店など職域は大変広いと言えます。

介護福祉士が求められる理由

現在の日本は世界で1番の長寿国家となっています。長寿というのはもちろん素晴らしいことですが、日本は少子化が続いて、高齢化社会だということも事実です。

長寿社会になっても、体がずっと若者のままならいいのですが、そうはいきません。高齢になって、足腰が弱くなったり歩けなくなったり病気をしたりすることは、自然なことです。 介護を受けることも同じように自然なことです。日本の場合は、介護をする側、つまり若い人材の必要性が求められているのです。その人材の最たるものが、介護福祉士です。


介護福祉士は、介護をする上での技術や専門的知識を持っていて、国家資格を得た、 国が証明した介護のプロフェッショナルですから、介護の現場で大変重要な人材になることは納得です。介護福祉士が増えて、介護に関する専門家がいることで、介護施設や医療関係施設でも介護が成り立つといってもいいでしょう。

これから先、高齢化がますます進んでいく中で、介護福祉士が求められる先はもっと増加していけばより良い環境が出来ると思います。

ページTOPへ戻る

pickup

ツイッター
https://twitter.com/
中古艇
https://www.ez-boat.com/

最終更新日:2016/9/20