目指そう介護福祉士
目指そう介護福祉士

ここでは、どのような職場があるのか、と言うことや、よく間違われやすい施設の説明などを行っているページです。もしかしたら今まで間違っている知識を頭の中に流し込んでいたのかも知れませんよ。しっかりとページを読んでチェックしておきましょう。

どんな職場があるのか

大きく分けると@高齢者施設、A障害者施設、Bその他の社会福祉施設があって、さらに詳しく書くと下記のように分かれます。

@介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・養護老人ホーム・ケアハウス・有料老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型医療施設・老人短期入所施設・通所生活介護施設(デイサービス施設)・通所リハビリテーション施設(デイケア施設)・在宅介護支援センター(老人介護支援センター・訪問介護サービス事業所など。

A身体障害者療護施設・重度身体障害者更生援護施設・視覚障害者更生施設・聴覚・言語障害者更生施設・肢体不自由者更生施設・身体障害者福祉ホーム・知的障害者更生施設・知的障害者授産施設・知的障害者通勤寮など。

B社会福祉協議会・福祉事務所・婦人保護施設・精神障害者社会復帰施設など。

また別の分け方をすると、高齢者や障害を持つ人たちが生活を送る入居や、入所型の施設。または通所型の施設、身体介助や家事援助をする訪問型、全てのサービスを複合して行う複合型施設などにわけられます。

間違われやすい高齢者施設についての説明。

特別養護老人ホームと養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは65歳以上の方で、身体上または精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とする人で、居宅での適切な介護を受けることが困難な人を入所させる施設の事です。

養護老人ホームとは原則として、65歳以上の高齢者で、経済的な問題で生活が困難な人や、入院が必要ではないですが身体が弱っている、同居できる家族がいない、などで日常生活に困っている人が、入所して生活をする施設の事です。

デイサービスセンターと短期入所施設

デイサービスセンターは身体が弱っている、または地方で介護を必要とする人に、通所や訪問という形で様々なサービスを提供する施設の事です。

短期入所施設は自宅で一時的に介護することができなくなった65歳以上の高齢者を短期間受け入れる形の施設になります。

有料老人ホームとケアハウスとグループホーム

有料老人ホームは運営者と利用者の自由契約で、入所者が利用費の全額を負担します。

ケアハウスは60歳以上、またはどちらかが60歳以上の夫婦で、身寄りがない、家が狭いといった理由で家族と同居できない人が、無料または格安の費用で入所して生活できる施設です

グループホームは、障害を持つ方や、痴呆の高齢者などが、少人数でヘルパーや介護福祉士などの介護を受けながら共同生活を送る所です。

介護福祉士はこのような職場で働くことになります。

注目サイト

ウェザーニュース
http://weathernews.jp/
梅干専門店
http://www.nankiumeboshi.co.jp/

Last update:2016/12/26

ページTOPへ戻る