目指そう介護福祉士
目指そう介護福祉士

ホームヘルパーの違い

介護福祉士とホームヘルパーの違を簡単にいうと、国家資格か、民間資格かということになりますね。介護福祉士は国家試験に合格しないといけませんが、ホームヘルパーなら講習さえ受ければ資格を取得できます。

仕事内容にしてもほとんど変わりないようです。仕事内容は変わらないのですが、給料はまったく違います。ですから、もし介護の現場で本格的に働くのなら介護福祉士の資格を持っていたほうが有利になります。

また、介護福祉士はホームヘルパーとは違って専門職ですから、しっかりとした知識が必要です。ご家族の相談などにも乗れないといけません。またケアプランという仕事がありますが、これも専門職だからこそできる仕事です。ケアプランは個々の患者の生活を見て、その患者にあったサービス・ケアを考えて計画するものです。これは介護福祉士の専門知識がないと行うことはできません。患者の生活のことを考えるのですから、その分、責任感も大きくなってきます。

介護福祉士とホームヘルパーは取得する資格が違うだけではなくて、その責任の重さにかなりの違いがあるようです。

仕事の違いは

次に実際の介護の現場で介護福祉士とヘルパーに仕事の違いがあるかと言うと、実際はまったくといってほど違いはありません。あるとするなら職能手当てがつくなどの、給料面での違いぐらいではないでしょうか。利用者に対する仕事内容はほとんど変わりませんが、中には介護福祉士よりもヘルパーを軽視してしまう方も残念ながらいるようです。

そして、今後の法律改正などで、施設でも介護福祉士を優先して採用することが考えられます。これから介護の仕事を考えるのならヘルパーの資格だけでなく介護福祉士のほうが、当然有利に就職することが出来ると思います。

社会福祉士との違い

社会福祉士は身体上や精神上の障害がある人、又は環境などによって日常生活を営むのに支障がある人の相談、助言、指導その他の援助を行う間接的な仕事に対して、介護福祉士は身体上や精神上の障害があるため日常生活を営むのに支障がある人に対して様々な介護、または介護に関して指導をする直接的な仕事です。

別の言い方だと社会福祉士はソーシャルワーカー、介護福祉士はケアワーカーとも言います。

社会福祉士は施設での相談員として働く方が多いと思いますが現実としては介護福祉士よりも募集が少ないようです。給料や待遇面に関してもあまりり差がある所はなく、事務員と変わらないところもあるみたいです。

さらに分かりやすく説明すると

さらに分かりやすく説明すると社会福祉士は入所する時の手続きや面談などで家族と話すことが多くなり、介護福祉士はほとんどが要介護者本人とのお付き合いになるという違いがあります。社会福祉士が介護関連受給の手続きをするところもあるようです。

あなたはどちらを選ぶか

このことからも、自分がどこに行きたいかという事で取る資格が違ってくることがわかったと思います。お年寄りを介護したいのに、社会福祉士の道へ進んでしまったり、介護に関する手続きや法的に関わる仕事をしていたいのに介護福祉士をとってしまってもなんの意味もないことになってしまいます。

きちんと目標をもって資格を所得するのが一番だと思います。

Valuable information

はてな
http://www.hatena.ne.jp/

最終更新日:2016/9/8

ページTOPへ戻る